toggle
Blog
2022-11-28 | Blog

玉川の家(その2)

師走もいよいよ目前。

木々はすっかり葉を落とし、残りわずか。

週間天気予報には雪だるまがお目見えした青森です。

先週土曜の朝午前7時40分からニッポン放送の「 おしゃべりラボ〜しあわせSocial Design〜」いかがでしたか?

中村先生と残間さんの巧みなリードで、緊張しながらも何とか「曲屋KANKO」についておしゃべりすることができました。

「ただ維持・保存していくのではなく、現代に合った新しいものを入れていくことが大切です」

そうコメントしていただいて、このプロジェクトが貴重な体験だったことを改めて実感しました。

関東限定ですが、エリア外でも1週間はradikoで聞くことができます。(コチラからどうぞ!)

来週も引き続きおしゃべりいたしますので、よろしかったらお聞きください!

ーーー

さて先日に続き、「玉川の家」の今回は内部をご紹介いたします。

特殊な敷地形状から、東西に細長いプランです。

その長さを逆手にとり、両手を左右に大きく広げたイメージでメインの空間をつくっていきました。

柔らかいグレーと赤茶の木が落ち着いた質感のリビング。

クライアントご家族からは「一段下がったリビング」「階段の途中にちょっとしたスペース」などなどヒントをいただき、プランを組み立て5層のフロアがスキップする空間構成となりました!

リビングから見る。奥へと長い空間は、スキップして2階へも繋がる。

階段の途中にある小さなスペースが緩やかに空間を繋ぐ。
中2階から見下ろす。リビングまで緩やかに繋がる。

このスキップした空間を斜め天井の吹き抜けが繋ぐことで、左右(東西)に加え上下にも広がる連続空間となりました。

ーーー

さらに1階の和室の角度を少し振ることで、キッチン前の空間が縁側となり南北の奥行きを膨らませます。

リズミカルに並ぶ柱が空間の広がりと和室の特別感を演出します。

少し角度を振ることで生まれる空間の広がり。

普段は開放的にLDKと一体で使いながらも、節句や来客時など非日常も大切に過ごすことのできる一室です。

玉川の家は外観だけでなく内部も、大小様々な箱が緩やかに繋がって広がりを生んでいるのです。

ーーー

新しく開発された住宅地のような区画とは違い、東西に長く南北に短い敷地だからこそできた「玉川の家」。

これからの寒い季節も伸び伸びと楽しく過ごせますように。

そして暖かい季節にはお子さんとサッカーの練習ができますように!

玉川の家 2022年 青森市

2022-11-23 | Blog

玉川の家(その1)

燃えるような紅のドウダンツツジ。短い青森の秋を彩ります。

先日の皆既月食と天王星が同時に起こるタイミングは442年前だとか。そして、次回は322年後なのだとか!

いつの時代も変わらず思わず見入ってしまうその姿に、改めて自然の雄大さを感じずにはいられない。

そんな時間を過ごした方々が多かったハズでしょう。

短い秋の夜長を楽しんで、あっという間に季節は次へ向かいます。

ーーー

2022年もあと1ヶ月ちょっと。

現場はいつ降ってくるかわからない白いモノにアンテナを張りながら進めています。

9月に完成した「玉川の家」をWorksにて公開いたしました!

ここで改めて「玉川の家」をご紹介いたします。

ーーー

道沿いに大小の箱が並ぶ玉川の家

大小様々な箱が並ぶ景観。目の前の道はこのエリアの住民のメインストリート。


整然と綺麗に区分けられた分譲住宅地は、戦後100年足らずの間に形成された風景です。

古都の五番目上に区画された街並みとも異なった景観を作り出しました。

その一方で、いつ誰が道をつくり家が立ち始めたのか、その歴史に触れたくなるエリアも少なくありません。

玉川の家も道沿いに不規則に家々が立ち並ぶ、そんな昔ながらのエリアに建っています。


敷地は東西に長くほぼ三角形に近い形状で、南面する前面道路の幅員も狭いため南北の奥行きを確保するのは簡単ではありませんでした。

冬期の除雪や耐雪場所を検討しつつ、東西の長さを活かした配置計画を考えました。

周辺の家々と同様に道路に近接することや大小様々な並ぶ姿に呼応するために、少し角度を振って大小の箱を組み合わせたようなデザインとしました。

道沿いに見えてくる西側には大きな窓。

ここには三角形の敷地の効果が最大限に発揮されています。

リビングからの眺めは木デッキ越に敷地の西端まで視界が抜け、前面を通る人との距離を保つことで、単なる敷地の余白ではなく、クライアントご家族の大切な外部空間となりました。

そしてこのスペースは冬期には耐雪場所となり、一年の4分の一という長い時間を支えるのです。

次回は中をご案内いたしましょう!

玉川の家 2022年 青森市

2022-10-02 | Blog

いつもと違う神奈月⁉︎

実りの秋、紅葉の秋、芸術の秋…..

「いつもの」秋とは何だか違うように感じるのは、コロナのせいか、戦争のせいか、30度近い気温のせいか…..

そんな中でも「○○ぶり!」が嬉しくなる機会も増えました!

私たちの事務所でも、久しぶりに学生さんが設計事務所体験に来てくれました。。。

ーーー

初っ端に週初めの所内ミーティングから参加。

複数のプロジェクトの進行状況などを確認するスタッフを見ながら

間髪入れずにお互いの自己紹介。

そして、緊張が解れる間も無く作業スタート。

所内では様様な模型製作やCADなどを体験。

ある時は作品見学、ある時は現場へ。

ある時は木材の加工確認のため製材所見学に。

その姿は日刊建設青森(R4.8.29)でも紹介されました!

設計意図を聞いた後に、実際の空間を体験すると見方も違ってくるのでは???

ーーー

それぞれのプロジェクトの説明を受けながらも、きっと頭の中はもうすでにパンパンだったでしょう。

慣れないホテル住まいや、遠くは2時間もかけて通ってくれた学生さんも。

「設計事務所」というよりは「F+Fの働く場」を体感してもらった、という方が正確でしょう。

そんな混在した時間の中で、ひとりひとり感じたものは違ったと思います。

「自分のやりたいことは何なのか」それを考えるときに何かヒントになったなら嬉しいです。

「設計をすること」=「考えること」

私たちも今だに考え続けて、これからも考え続けています。

「どう進もうか。。。」と考えていたあの頃を思い出して懐かしく、

あんまり変わっていない(成長していない⁉︎)自分達を再認識。。。

まだまだこれから考え続けなくては、と思う秋となりました。

ーーー

そんな刺激を与えてくれる「設計をやりたい!」と思う方々へ。

オープンデスク、インターンシップはいつでも受け付けております!

設計デザインに興味のある方は、電話またはメールにてお問合せください!

お待ちしております!

青森県森林組合津軽木材流通センターにて。

2022-09-19 | Blog

久々のオープンハウス

秋晴れというよりも、残暑という言葉がふさわしい良き日に、無事完成を迎え、クライアントのご厚意のもとオープンハウスを開催することができました。


ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

ーーー

今回の住宅の南北に長い不思議な形の敷地は、昔の畦道を思い起こさせる道に面しています。


緩やかに畝るその道沿いに建つ家々たち。


大小様々、向きも様々、でもその距離はちょっと近い。


そして何より、道路との距離が近い。

「その景色に対して、どんな建築をつくるか」

プライバシーを確保しながらも閉じすぎない、その距離感を考えながらのプランニング。


その結果、いくつかのボリュームが一部角度を振って並ぶデザインになりました。

内部は落ち着いたアースカラー。

前面道路の向かいに広がる景色を楽しめるように開口部を配置して、移り変わる日の光が内部空間の印象を変化させていきます。

角度を振ったことで生まれた2次元の三角形と、スキップするフロアをつなぐ3次元の三角形が、リズミカルな空間になりました。

ーーー

長い敷地の余白は、子どもたちが駆け回るに格好のシチュエーション。


多角形の敷地境界を探しまくって見つけた線は、完成を迎えてまた消えていきます。


確かに存在はするけれど、ここに住む人たちにとってその線は、その人たちにしか見えない線なのかもしれません。


いいえ線というよりむしろ、道も含めて共有スペースになっているように感じます。


そのスペースはゆらゆらしていて、それぞれの敷地内も時には共有したりして。


そういえば子どもたちは、道路とか、お隣とか関係なく走り回ってたなぁ。。。


そんなことを受け止めてくれるこの場所で、クライアントご家族の新しい暮らしがいよいよ始まります。


完成写真は近々HPにて公開予定です。どうぞお楽しみに!


2022-09-07 | Blog

オープンハウス、開催いたします!

ねぶたが終わり、朝晩の風がひんやりしてきました。

時々まだ雨が降る日もあり、日中は気温が上がり、と落ち着かない毎日ですが、

9月に入ると、一挙に秋がやってくる気がする青森です

夏休み終盤の宿題のラストスパートのように、お盆明けから現場の動きも加速してきました。

検討を重ねてきたものがカタチとなって現れてきます。

冬が来るまでの時間、走って走って走り切ります!

ーーー

そしていよいよ、来たる9月17日(土)、18日(日)の二日間に渡って青森市にてオープンハウスを開催する運びとなりました!

感染対策を行い、完全予約制にて開催いたします。

ご希望の方は、お電話(017-734-6225)またはメール(ffarchi@w5.dion.ne.jp)へご一報ください。

詳しいご案内をお送りいたします。

今回の住宅は、遠くに八甲田連峰を望む場所にあります。

点在する家々と畑に囲まれ、小道沿いに長く面した不思議な形の敷地です。

その景色に寄り添うように、それでいて新たに暮らし始めるご家族にとってあずましいカタチを考えました。

緩やかに蛇行する道に沿って立つ周辺の家々。

その景観を保持するように、いくつかの箱が集まったような外観。

少し角度をつけて並ぶ箱々が繋がってできたLDK。

中に入るとその広がりを実感いただけます。

小道に面して建ちながらも、心地よい距離感がプライバシーを保つ大きな2つ開口部の向きにご注目ください。

仕上げも最終段階に。

色が入って、モノクロだった世界が一挙にカラーになっていきます。

今回はアースカラー中心に、シックな世界が広がります!

ーーー

その場所にしかない景色と空間を。。。

この機会をお見逃しなく!

見学ご希望の方は、お電話(017-734-6225)またはメール(ffarchi@w5.dion.ne.jp)までご連絡ください。

追って詳しいご案内をさせていただきます。

2022-08-07 | Blog

念願のねぶたデビュー!

気がついたら県内の夏祭りは最高潮!

日が暮れてからの空気は既に少しひんやりしてきたような。

早くも秋の気配を探してしまう青森です。

ーーー

3年ぶりの開催となった青森ねぶた祭り。

「待ちに待った」という思いであるのはもちろん、2020年1月に運用を開始した青森市新庁舎にとって、実は初のねぶた祭り!

窓口機能などの主要部署は、閉ざされていた駅前再開発ビルに再び火を灯すために移り、当初10階建を想定して計画されていた新庁舎は規模を大分縮小しての建設となりました。

それでも、多くの方々と対話を重ねた「青い森の広場」と1階のサードプレイスが実現し、いよいよこれから、と思った時にコロナへ突入。

オリンピックの聖火を迎えることも、そしてねぶた祭りを見守ることもありませんでした。

そしてようやく今年、新庁舎の前を囃子と跳ね人と共に多くのねぶたがゆっくりと通り過ぎていきます。

様々なコロナ感染対策の中での開催のため、桟敷席や放送席などはかなり縮小しており、跳ね人は事前に募集をして人数を限って、観客も大声を出さないように協力してもらいながら、というスタイルでしたが、誰もが祭りを楽しみにしていたんだと改めて「祭」の大切さを感じずにはいられませんでした。

ーーー

広場ではマルシェが開催され、街は祭り一色に。

この賑わいの一角を新庁舎の空間が担います。

ノーベル賞の晩餐会が開催されるのはノルウェーのストックホルム市庁舎。

青森市新庁舎も、世界に誇るねぶた祭りのメイン会場のひとつなのです!

運用開始まもなくのイベント(2020年1月)
その後感染防止対策のため、多くのイベントが中止や延期になった。

老若男女に親しまれる庁舎とは。。。その活用法はまだまだこれから。。。
普段は小学生がバスを待ちながら宿題をしてる、そんな空間でいてほしいと思うのです。

コロナを乗り越え、これからもっと多くの人が足を運びたくなるような場所となりますように。

そう願いながら、遠ざかっていくねぶたの後ろ姿を見送りました。

青森市新庁舎 2019年 青森市

2022-07-30 | Blog

そこに見える風景を想像して。

キッチンから見えるのはこんな眺め。。。

感染者数が上昇し続けている毎日ですが、梅雨明けから気温が再び上昇してまさに夏本番、の青森です。

3年ぶりのねぶたの開催直前で、みんなの熱い青森が久しぶりにやってきます。

一挙に動き出したいくつものプロジェクトの熱も相まって、オーバーヒートしないように時折冷却しながら、の毎日です。

ーーー

木材高騰の煽りを受けながらも、何とか現場は進んでいます。

内部空間が見え始め、蒸し風呂のような現場で汗だくになりながら打合せ。

カラーもほぼ決まり、設計図を手に現場に通う日々が続きます。

ーーー

住宅の場合ですと、お話が始まってから完成まで平均約2年でしょうか?

公共建築など大きなプロジェクトになるとそのスパンは長くなっていきます。

多くのことを整理し、クリアし、デザインしていくからです。

工事の規模も大きくなり、工期も長いケースが多くなります。

そして長く残っていく建物だからこそ、尚更設計期間が大切になるのです。

「この木をどうするのか。。。」

このプロジェクトは「その一言が始まりだった」と言っても過言ではありません。

その木を先日、とうとう伐採することになりました。

ここに至るまで、多くの方々と話をし、考え、線を引きました。

平成の時代を見守ってきたこの木々は、形を変えて残っていきます。

これからの10年、100年を見守っていくために。

ありし日のヒマラヤスギたち。今度の冬は新たな景色が広がる予定です!

この木々に恥ずかしくないように、設計図を片手に現場に通う日々が始まります!

2022-07-17 | Blog

伝えたいこと

ここ半月の間に、いろいろなことがありました。

コロナだけではなく、新たな出来事が次々を起こりました。

一日として同じ日は無いことを、また改めて思い知らされているような気がします。

できることをひとつひとつ丁寧に。

それはきっとどこかへ繋がっているハズ。。。

ーーー

先日は「曲屋KANEKO」を実際にご説明する機会を得て、予約限定ではありましたが開催することができました。

その参加者の中には現在非常勤講師を務める八戸工業大学の学生さんも。

「とても楽しかったです!」「どこが一番のポイントですか?」などなど感想や質問がたくさん。

画像とは違うリアルな空間の中で、やはり感じるものがあると思います。

他にも「馬について研究をしている」という学生さんも。

次の100年を繋いでいくのは間違いなく彼らのような若者です。

より多くの人にこの空間に触れてもらえたらと、改めて感じた1日でした。

ーーー

先日の暑さ続きの日々から小休止している青森。

激動の2022年も既に折り返し。

しばし深呼吸して後半戦に挑みます!

2022-06-27 | Blog

夏はもう来ている⁉︎

先日のブログに書いてから1ヶ月も経たないうちに、気温だけはもうすでに真夏のような青森です。

「今年の暑さは全国的に、、、」というニュースを聞きながら、雨曇にちょっとホッとしてしまうほど。

そして3年ぶりのねぶた祭り開催がもうそこまで見えてきています。

様々なことをひとりひとりの力を集めて、コロナと共存しながら実現してゆくのですね。

ーーー

昨日の新聞には、浅虫の古民家「石木邸」のニュースが掲載されていました。

平成から令和へ移るタイミングで「石木邸」再生のお手伝いをしてから丸三年。

コロナという未曾有の期間を乗り越えて、また次のステップへと進みます。

町に新しい風が吹き、浅虫でもいろんなことが動き始めるでしょう。

ーーー

古民家「石木邸」については、カベシンブンで2+1回(ひとつは番外編)に渡ってご紹介させていただきました。

(あさむしカベシンブンはこちらから↓↓↓ 7号、8号、9号に掲載!)

https://sites.google.com/view/asamushikabeshinbun/

建物について調べるうち、浅虫の魅力もたくさん見えてきて、ますます知りたくなりました。

今年はマスク無しで浅虫の町や山をブラブラできたら、と思っています。

魅力的なお湯だけでなく、魅力的な人たちがどんどん集まっていきそうなこれからの浅虫がとっても楽しみです!

石木邸 201年 青森市

2022-06-04 | Blog

その先に向かってスタート!

先日の記事掲載を受けて、たくさんの方々から温かいお言葉をいただきました。

改めて感謝申し上げます。そして今後とも、よろしくお願いいたします。

ーーー

青森には「梅雨がない」はずだったのに、ここ数年は季節感が変化していると感じます。

5月にしては真夏日のような気温になったかと思いきや、6月に入ったら肌寒い小雨のパラつく日が続いています。

風は通年で吹くようになり、台風かと思うような暴風のときもあったり、と穏やかではありません。

それまでの自然のバランスが崩れ、変化していることを感じずにはいられません。。。

ーーー

コロナ禍の生活も次のステップへ進んできました。

感染に注意しながらも、もはやじっとしてはいられない。

暫定的なスタイルは固定化して、新たなライフスタイルにシフトしていく。

そんな意識が浸透し、春から特に動きが活発になりました。

一気に多くのことが動き出して、それはまるで一斉に芽吹く若葉のような。

何かを目指し、何かをつくり、何か新たなことを始めるって

こんなにワクワクすることだったかと、改めて感じる毎日です。

ーーー

地鎮祭中に突然の暴風が。皆で支えあって無事執り行われました!
「いい家」をつくるには、一丸となるチームが不可欠です!

そのうちのひとつが先日やっと着工しました。

南北に細長い特徴ある敷地に、周囲との距離を微妙に変えながら立つ住まいです。

開け過ぎず、閉じ過ぎず、近過ぎず、遠過ぎず。。。

青森市の豪雪と共に暮らし、春から秋までは伸びやかな暮らしを存分に楽しめるように。。。

ーーー

設計中に新しい家族も増えて、いっそうにぎやかになりそうなクライアントご家族。

新たな空間での暮らしがよりいっそう楽しいものとなりますように。

工事監理スタートです!

2022-05-21 | Blog

東奥日報「FACE」欄に掲載いただきました!

新緑もいっそう鮮やかになり、田んぼには水が張られ、気温もぐんぐん上がっている青森です。

この春を待っていたかのように、たくさんのことが動き出している、そんな5月も早後半へ。

この度、東奥日報の「FACE」蘭にフクシアンドフクシを取り上げていただきました!

ーーー

個々の建築についてご説明をすることはあっても、建築家としてインタビューされるのは中々無いこと。。。

iF賞をいただいた感想から始まり、今後の抱負まで改めて答えようとすると中々言葉が出てきません。。。

それでも何とか口にすることで、改めて発見もあったり、考えさせられたり、と刺激的な時間でした。

特に「建築家になろうと思ったきっかけは?」のクエスチョン。

いつだったか?何だったのか??どうしてそう思ったのか???

記憶を遡ってみたものの、それは思ったより色褪せていないことに気がつきました。

いまだにフランク・ロイド・ライトの「落水荘」に憧れ、まだまだほど遠い道のりだということ。

そしてそこから紆余曲折ありながらも、そんなにブレずに歩いてきたのだということ。

そんな思いに共感していただき、共にカタチにしてきた多くの方々がいたということ。

ーーー

今回の記事掲載で多くの方から受賞のお祝いメッセージをいただきました。ありがとうございます!

齢はとうに折り返しを過ぎていますが、建築家としてはまだまだひよっこのフクシアンドフクシです。

これからもどうぞよろしくお願い申し上げます!

2022-05-04 | Blog

新緑の季節に開館です!

早くもゴールデンウィーク折り返し。

花見というよりは新緑の季節に突入した青森です。

久しぶりの遠出が無性にしたくなる、そんな気持ちに駆られるこの季節。

いつもとは違う、まだ行ったことのない場所をお探しなら、オススメの場所ができました!

ーーー

先日、田子町にて開館のセレモニーが華々しく執り行われました。

開館したのは「みろく館」。

町の観光協会の事務局として、そして町民も旅人も立ち寄る場所として使われる建物です。

元々は民俗資料館の役割を担ってきた古民家で、江戸時代末期のものを移築したものだったそうです。

町の中心部とも言えるこのエリアで、長い間眠っていた古民家が再び息を吹き返すためのプロジェクトでした。

ーーー

待ちに待った開館のこの日。

多くの関係者や取材陣と共に、早速町民の方がたも多くきていました。

パンフレットだけでなく、イベントも準備万端!

田子町の新たなスポットとしてスタートしました!

この「みろく館」のデザインは、近々Worksにアップいたします。

どうぞご期待ください!

ーーー

それまで待てない、という方へ。

是非田子町へのドライブをオススメします!

十和田湖へと続く、知る人ぞ知る道のその途中、

「冒険する旅人」気分でタプコプ(田子町の名の由来と言われるアイヌ語です)へ立ち寄ってはいかがでしょうか?

何とも不思議な古民家が、あなたを出迎えてくれますよ。

2022-04-30 | Blog

Congratulations!

ゴールデンウィークが久しぶりにやってきた、そんな感じのする青森です。

でも桜の満開はだいぶ前に花筏となって、もうりんごの花が咲き出して。。。

人々の出足も去年の倍増とは言え、夕方のニュースでは相変わらずの「本日の感染者数」の報道。。。

さらに最近は「春」という季節があまりにも短くなっているような。。。

これまでとは違うゴールデンウィークの幕開け、そんな感じがする今日この頃です。

ーーー

さて、年度初めの慌ただしい卯月に先日一通のメールが届き、そこには「Congratulations!」の文字。

何と!iF DESIGN AWARD 2022(イフ デザイン アワード2022)を「曲屋KANEKO」が受賞した、との知らせでした!

ドイツのグッドデザイン賞とでも言うべきiF Design Award は、1953年にドイツのハノーファーを拠点として設立された世界で最も古いデザイン機関のひとつ「インダストリー・フォーラム・デザイン・ハノーファー」によるコンペティションです。

2021年は過去最多となる世界60カ国、10,766件の登録、第一次審査には49カ国、2,687名、5,426件の応募があったそうで、3518作品が受賞しました。その内の建築部門で受賞した99作品に「曲屋KANEKO」も見事選出されました!

ーーー

全て英文という慣れないプレゼンでしたが、多くの審査員の共感を得たことはとても自信になり、勇気づけられました。

このプロジェクトは、競走馬育成のために100年以上前に建てられた日本最古の木造厩舎である登録有形文化財を人と馬が共存するオフィス空間としてリノベーションしたものでした。

失われつつある伝統構法と先進技術との融合により再生し、同様に失われつつある地域の歴史と文化を伝え、曲屋を未来へ継承することをコンセプトに、長い間遊休施設となっていたこの建物を、馬と共存しつつ、オフィスや応接室としてだけではなく、多くの人が気軽に立寄れる開放的な空間としてデザインした点が評価されました。

具体的には5つの点「dea(アイデア)/Form(形)/Function(機能)/Differentiation(差別化)/Impact(インパクト)」について審査され、特に以下の点が高く評価されました。
・建物の半分をオフィスとしてそれぞれ個性的なデザインの部屋とした

・地域の文化「南部ひし刺し」や「南部小絵馬」をインテリアやサイン、家具に取り入れた

・薄暗い小屋裏に白い箱を入れ込むことで荘厳な軸組が浮かび上がり、新旧の対比が美しいデザイン

長い間遊休施設だった建物を、建築としての価値はもちろん、馬と共存してきた地域の歴史や文化を知ることができる施設として再び開き、地域の人々、伝統技術や文化の伝承者と意見交換を重ね、かれらの協力により完成した点も高く評価されました。

ーーー

世界の様々な素晴らしいデザインが並ぶ中で、このような評価を受けたことを素直に嬉しく思います。

そしてこれは100年前にこれを作り上げた職人と、それを維持し続け、今もそれを未来へ繋ごうとしている人々がいたからこその受賞です。

さらにこのプロジェクトを通して、多くの方々が関わって、その協力無しでは受賞はありませんでした。

きっとこれからもその関係は様々な形で繋がっていくでしょう。

この受賞が、その「糸」になればいいなと思っています。

細いかもしれないけれど、強くしなやかな糸をこれからも紡いでいけるよう、これからもチャレンジをし続けていきます。

今後ともよろしくお願いいたします!

曲屋KANEKO 2020年 青森県上北郡七戸町

2022-03-27 | Blog

春の気配

いつになく多い雪にただひたすら耐えていた寒い季節から、あっという間に街中の雪はあらかた消えてしまった青森です。

日も長くなり、日差しも強くなりました。

気がつけばもう三月も後半、新年度のスタートでザワザワしている今日この頃です。

ーーー

季節は間違いなく移っているのに、いまだにコロナは居座っています。

オミクロンの感染力はケタ違いだったのか、県内の日々の感染者数はここにきて更新し続けています。

そして世界では今戦争が。

戦争を知らずに生きてきた私たちが、第三次を目の当たりにすることになる(なった)のでしょうか?

そしてここにきてまた大きな地震も。

私たちは地球から次々と試練を与えられているのかも、と思わずにはいられません。。。

そして、乗り越えられない試練は与えられない、と信じたい。。。

ーーー

いつもなら春の気配に浮き立つ時節ですが、様々あってそうもいかない今年の春。

こんな時こそ、やるべきことを、ブレずにいきたい思っています。

コロナ禍でいろんな物が値上がりしていますが、今年は工事もいよいよ動き出します。

丁寧に進めてきた設計を、カタチにする大切なステップへと進みます!

ーーー

そして新たなプロジェクトもスタートするこの季節。

様々な「居場所」をデザインします。

こども達の居場所、本を愉しむ居場所、安らぎの居場所、心の拠り所となる居場所etc.etc.

必要な機能を果たすだけではなく、「単なる空間」を「居場所」へとデザインする。

そのためにたくさんの会話を重ね、たくさんの情報を整理していく。。。

それが設計のシゴトだと改めて思います。

どれも大切なことだけれど、その人にとって(その居場所にとって)本当に大切なことは何なのか。

それを掘り起こしていくことによってできたデザインは、その人だけでなく、その場所を訪れた他の人にも伝わるデザインになると思うのです。

その過程を丁寧に、また白い紙に向かいたいと思います。

ーーー

きっとみんなに春が来る、きっともうそこまでやってきています。きっと!

2022-02-27 | Blog

春よ、こい!

如月最後の日曜日は雨模様となった青森です。

大きな雪の塊に囲まれてはいますが、足元の雪が緩んで歩きにくくなりました。

気温もグッと高くなって、勘違いした梔子が咲き出し甘い香りが春の到来が近いことを感じさせてくれます。

ーーー

先日は、竣工以来なかなかゆっくりお邪魔することができなかった「鎌谷町の家」へ。

感染対策をしっかりしながら束の間の再会。

今年の雪は流石に厳しかった、とのこと。

それでもみなさんのお元気な顔を拝見してホッと一安心。

子供たちの成長ぶりは目を見張る程。

身長はもちろん、babyはすっかりboyに。

みんなで元気いっぱいにウチソト関係なく遊びまくっている、とのこと。

しばらくぶりの再会なのに思いっきりの大興奮。

ギャラリーの家がコンセプトだった「鎌谷町の家」にはコレクションが増えていて、

横長のFIXには、ちゃんと自分の作品が飾ってありました。

何とも嬉しい限り。。。

きっともっともっと増えていくのでしょう。

ずっとずっと楽しんでいてほしい。

そんな空間をつくるシゴトって本当に楽しい、とこんな瞬間に痛感するのです。。。

コロナ禍からコロナ共存へ、そして終息への長い道のり。。。

世界では戦争に突入してしまった地域も。。。

健康に平和な毎日が送れることに日々感謝して、また一歩一歩進みます。

鎌谷町の家 青森県五所川原市 2020年

2022-02-07 | Blog

疫病退散!

新年のご挨拶をしたと思ったら、あっという間に如月です。

小休止はあったものの、例年以上の降雪に少々雪かき疲れ気味の青森です。

積雪量は1.5Mに迫っています。

この季節は予想できない雪に予定を崩されるのは珍しいことではないのですが、

今年はオミクロンの見えない波が押し寄せ、回復の兆しに安堵仕掛けていた状況を一変しました。

今年は豆をまくのに思わず力が入った方も多いのではないでしょうか。

ーーー

青森とは対照的な氷の世界、八戸です。

まだ青森でもその波にのまれる前に、私たちが非常勤講師を務めている八戸工業大学の課題提出と講評が終わりました。

秋から2つの課題をこなすこの授業では、毎回学生達の成長に驚きます。

平成に生まれ、物心ついた頃には東日本大震災を体験、もしくは知り、今はコロナ禍という学生時代。

そんな彼らがスポンジのように日々何かを吸収し、少しずつ変わっていく様子を見てきました。

設計デザインには専門知識はもちろんですが、その人の経験や体験に基づく思考回路が大きく効いてきます。

多くの情報が溢れている今、自分にとって必要なものを掴み取り、吸収し成長していく彼らの「建築」を楽しみにしていきたいと思います。

ーーー

そしてその状況は私たちにとっても同じこと。

検索すれば瞬時に多くの情報に触れ、画面越しに遠く離れた人との打ち合わせも可能な社会となりました。

でもだからこそ、リアルが生む何かを私たちは知っています。

コロナ禍で、直接会い、現場の風を感じることの大切さを痛感しました。

時間をかけてそこへ向かうことも、他愛のない話に盛り上がることも。

それがなかなかできない今だからこそ、今にしかできないことを。

初めて訪れた土地に気持ちを高鳴らせ、そして持ち通しい春への気持ちを重ねて、新たなプロジェクトが始動します!

2022-01-09 | Blog

2022年あけましておめでとうございます

年末の記録的な大雪もひと息ついて、少しだけホッとしていたのも束の間

今度はオミクロンが猛威をふるい始めている年明けとなりました。

ーーー

雪と一言でいっても様々で、歌詞にもあるように七つどころかまるで生き物のように表情を変えます。

さっきまで羽が舞い降りるようにフワフワと降っていたかと思えば、あっという間に前が見えなくなるほどの量で降り出して全てを真っ白にしてしまいます。

最近は風と一緒に地吹雪となって、一瞬にして方向感覚を失う恐怖を伴う降りかたも。

かと思えば、突然止んで青空が広がり太陽が顔を出し、真っ白な雪に反射して目が開けていられない瞬間も。

雪片付けに追われるのは当然のことで、車が家から出られるようにしておくのはもちろん、大雪の日には玄関すら埋もれていることもあり、常に雪かきには神経を使い、かつ体力が問われます。

そして屋根からの雪にも十分注意が必要です。

風によって屋根から跳ね出した庇のように雪の塊がつくことがあります。これを「雪庇(せっぴ)と言います。

これが暖気になると一度に落下することがあり、その荷重は楽に自動車を潰してしまう程の重みになります。

その下を歩くことは危険そのものなのです。

また、青森では1mを超える積雪は珍しくないのですが、あまり積もりすぎると家への荷重がかかるので、その時は屋根に登って雪を下ろす必要があります。

これも大変危険です。上で作業する人も、下にいる人も十分注意しなければなりません。

設計する際に冬の状況を想定した計画をするのはとても大切なことです。

雪国って大変ですよね。

それでもこうして暮らしている人がいるって、それ以上に凄いことですよね。

なぜでしょう?

時には牙をむく雪も、あたり一面を真っ白な美しい世界へ変えてしまったり、静かにゆっくり舞い降りる姿に時間を忘れてしまったり、と私たちに与えてくれるものも多いからなのかもしれません。

そしてそれは人間の力ではコントロールすることはできない。

人間はひたすら雪のような自然に学び、知恵で対応していく。

尊敬と畏怖の念を持って。

ーーー

厳しい環境だからこそ、空間を形造るには技術と知識と知恵を活かした設計が大切なのだと思います。

それは青森に限ったことではなく、どの地域どの場所においても同様です。

それぞれの環境を読み解き、冬はもちろん四季を考え、未来を想像しながら今年もデザインしていきたいと思います。

雪で疲労困憊していても、その疲れを癒す空間があることでその美しさも時折感じながらまた一冬越していきます。

外の凍てつく寒さと薪が赤々と燃える炎を同時に眺めることができるこの時期に、

必ずやってくる春と新年のワクワク感に思いを馳せて。

本年もよろしくお願いいたします!

桂木の家 青森市 2007年

2021-12-11 | Blog

新しい年へ

いつもより少し遅い一面の銀世界がやってきた青森です。

でもその雪もあっという間に消えて、師走の慌ただしさに追われています。

今年も残すところ20日となりました。

新年を迎えるにあたり、次へとバトンを渡すための大切な時間です。

ーーー

コロナ渦も様々状況を変えて、今度はオミクロンなるものが世界に広がっています。

この2年間に今までにない状況を経験し、これからももうしばらくは続くのでしょう。

でも、人々は動き始めています。

人間はそう弱くはない、そう思えたこの一年となりました。

過去から現代へ、そして未来へ。

バトンは常に受け継がれてきたもの、それをつなぐことがどれほど大切なことか。

それを考えさせられた一年でした。

それでも人間は進み続けることができると、進みつづけるしかないと思うのです。

ーーー

次へと渡すバトンは色々人それぞれで、私たちが渡すバトンも色々あって。

「曲屋 KANEKO」は、日本最古の厩舎はもちろん、その地域の歴史や文化をつなぐバトンとなるようデザインしました。

そして今度は、何十年と学生を育んできたキャンパスを未来へつなぐデザインを考えています。

これまで刻まれてきたものを大切にしながら、未来へつながるデザインとは。

10年先、100年先を見据えたマップを描きながら、ひとつひとつデザインしています。

ーーー

それまで当たり前だった風景が少し変わって見えるような、そんな実験を先日おこないました。

車での移動が当たり前の現在、歩行者は車に気をつけながら歩くのが当然のようになっています。

キャンパスでも同様に、その利便性を高めるため学生用の駐車場を整備し、様々なサービス車両のための動線計画がされてきました。

でも本来、キャンパスを長時間利用する学生にとって車との時間は一瞬なハズ。
車を使うことによりできた時間を有効に使うキャンパスが、車優先でいいのだろうか?

そんな思いをチームで話し合い、温めてきました。

そして今回、学生が行き交うキャンパスをより魅力的に未来へつなげるための小さな実験からスタートしました。

ーーー

今回の対象地は、普段は双方向でサービス車両が行き交い、一時的に駐車する車もいるキャンパス内の道です。

通過する際のスピードが速い車もいて歩行者は常に車に注意を払って通行しています。

そんな、いつの間にか車優先になっていたキャンパス内の道に、仮説で居場所を作りました。

車にとっては障害物のようなものを置くことで、速度減速と駐車を少なくできるのではと考えたからです。

また障害物を「居場所」としてデザインすることによって、「車優先の道路」から「学生の屋外空間」へと変化できるのではないかと。

初回ともあって短い時間でのチャレンジでしたが、実際に車の動きも確認でき、居場所としてのしつらいの課題も見えてきました。

何気なく通りかかった学生や教職員の方々も興味を持っていただけたようで、ご意見を取り入れながら次へとつなぐバトンができました。

今後も試行錯誤しながら進めていきたいと思います。

これからやってくる白い季節に、色々思い浮かべて新しい年に花を咲かせるために。

ーーー

撤収の日は雨と風に見舞われましたが、マスキングテープは思いの外剥がれずに頑張ってました。

帰りには虹も現れて。

次回に向けてワクワク感を抱きつつ、さあ、残りの冬支度も急がなくては!

2021-11-27 | Blog

浅虫カベシンブンに寄せて

いつもより遅い初雪の便りが届いた青森です。

それでも朝窓を開けたら銀世界、ではなく薄ら白くなったシャーベット状の雪があっという間に溶けていきました。

まだ大地の熱が残っている霜月後半です。

ーーー

そしてもう一つ、届いたのが「あさむしカベシンブン」

6月に続いて浅虫のカベシンブンに「石木邸」について寄せていただきました。

建物を「残す」といっても、ガラスケースに入れる宝石というよりは、やはり使われてこそ。

息を吹き返した建物が、これからどのように使われていくのか、それが建築ならではの楽しみなのです。

誇りを被り、時が止まってしまったような状態から、新しい風を入れ、綺麗にして、目を凝らしてみるといろんなことが見えてきます。

小さなキラキラを虫眼鏡で見るような、そんな感じですが

次へつないでいくために、そこに手を入れていく。。。

新築とは違う「変化」を味わうことができます。

建設当時の職人の技を堪能しながら、今我々ができることで次へ繋ぐ。

言われなくちゃ分からない、そんな建築あるあるをご紹介しました。

私たち自身も驚きと発見があり、

過去から現在、そして未来へと、時の流れが繋がっていくことを今更ながら感じた「古民家石木邸」でした。

そしてこの体験が「曲屋KANEKO」に繋がっていったのです。

ーーー

浅虫のカベシンブンには、魅力的な記事がたくさん掲載されています。

書いている方々が様々で、皆さんの浅虫愛を感じるカベシンブンなのです。

(詳しくはどうぞこちらをご覧ください!)

私たちも浅虫ファンのひとりとして、これからもその魅力をお伝えしていきたいと思います。

そうそう、明日はマルシェがあるってカベシンブンに書いてあったっけ。

しっかりダウンを着て、温泉街に遊びに行こう!

石木邸 2019年(青森市)

2021-11-21 | Blog

次へススメ!

そろそろ来週は最初の銀世界がやってきそうな青森です。
先日、久しぶりのリアル東京へ。
マスクだらけの人ごみの中を、日本空間デザイン賞の授賞式へ出席。
その会場の熱気がまだ残っています。

(c)TSUCHIDA HIROSHI 


全国精鋭の作品が集結したような状況に、夢でも見ているのかと思ってしまう程。
アナウンスされ、賞状と盾をいただいてやっと実感が湧きました。
オフィス部門の銀賞とあわせ、サスティナブル賞のダブル受賞となった「曲屋KANEKO」。
クライアントや施工者などのたくさんの関係者に加えて、100年前にこの合掌造の大きな厩を作り上げた七戸の大工と一緒に表彰された、そんな気持ちになりました。

先月のグッドデザイン賞に続き、これで「曲屋KANEKO」はトリプル受賞。
素直に嬉しく思い、次のチャレンジへと向かおうと気持ちを新たにしてます。
これまでつながってきたモノを、デザインでつないでいく。
「曲屋KANEKO」は、その難しさを痛感するとともに、その大切さを実感したプロジェクトでした。

ーーー

多くの対話からデザインを通して解を探す。
単なる見かけや目新しさだけではない、意味を持ったデザインでカタチにする。
それが私達の仕事です。

そう胸張って言えるように、これからもブレずに進みたいと思います。


昨日の新聞にはクライアントが全国で最優秀に輝いた記事。
余韻に浸っている暇は無い、さあ!と気合いをかけてもらいました。
ススメ!ススメ!!

2021-11-06 | Blog

穏やかな霜月へ

10月に一度白い帽子をかぶった山々も、今は色鮮やかな模様にしばし戻って暖かな日が続いている青森です。
旧暦ではまだ10月に入ったばかり。
霜はまだ先であって欲しいと思う今日この頃です。

ーーー


先日の「曲屋KANEKO」のグッドデザイン賞受賞のご報告後、多くの方々に御祝いのお言葉を頂戴しました。
築百年の曲屋に私達が建築デザインでできたことはほんの少しですが、多くの方々の目にとまり足を運んで下さる方が増えたことは素直に嬉しく思います。



「曲屋KANEKO」は、完成とほぼ同時にコロナ禍に突入してしまったため、フルオープンはもちろん関係者の方々にご報告もできずにおりました。

完成からもうすぐ2年になってしまうかと思われたこのタイミングでの受賞で、完成披露も含めてやっとご報告することができました。

クライアントを始め、構想の段階から関わって下さった多くの方々。

そして冬にかけての工事にも関わらず最後まで丁寧な仕事をしてくださった施工関係の方々。

その方達に感謝の気持ちを伝えながら、改めて「曲屋KANEKO」の完成までの経緯と受賞にあたって評価された点をご説明しました。

ーーー

取材の方々にも多く駆けつけてくださり、新聞やテレビのニュースでも取上げてもらいました。

その反響はやはり大きかったようで、牧場に足を運ぶ方が明らかに多くなったと聞きました。

これまで曲屋の存在を知らなかった方々へお知らせすることができたのは本当に良かったと思います。

ーーー

牧場内は秋色に染まり、もうすぐやってくる白い季節を予感させます。

牧場はやがて春までの眠りにつくでしょう。


でも馬達はそんな寒さも関係無く、冬も毎日真っ白な庭へ出ています。

少し前までは長い眠りについていた曲屋も、これからは馬達と一緒に呼吸していきます。

ぜひ一度足をお運びいただき、リアルに見て触れていただけたら幸いです。

現在は予約にてのご案内となっているとのこと。詳しくは↓↓↓へお問い合わせください。

https://www.kaneko-farm.jp/locations/kaneko

曲屋KANEKO 2020年 青森県上北郡七戸町

2021-10-20 | Blog

グッドデザイン賞、受賞しました!

八甲田山の頂が白くなった青森です。
数日前とは10度もの落差で、いっきに冬の到来を感じずにはいられません。
思わずストーブとコートを出した人が多かったことでしょう。

ーーー


冬の足音が聞こえてきそうな今日この頃ですが、

このたび、「曲屋KANEKO」が2021年度グッドデザイン賞を受賞いたしました!
(詳しくはコチラをご覧ください)

公開コメントでは、


「日本最古といわれる築百年超の「南部曲屋風育成厩舎」の外観を最大限保全しつつ,現代的なリノベーションで人を迎え入れる空間に転換している.小屋裏の合掌造りを見せながらモダンでミニマルな空間を入れ込むことで,厩舎空間の大きさや力強さを引き立たせており,「南部の馬文化」を育んできた地域文化の豊かさを認識させる場となっている.」


と評価いただきました。

前回は「石江の家」(青森市)が専用住宅部門でグッドデザイン賞をいただきましたが、今回は新たな公共の場ともいえる「13-01 オフィス・産業施設の建築・環境」部門での受賞で、5800もの応募の中から青森県内では唯一の受賞となりました!


ーーー


思えば、プロジェクトがスタートしたのは2018年の秋。
あれから3年経ちましたが、とても遠い昔に感じられます。
それは、その間に全世界がコロナという渦の中に巻込まれたからかもしれません。


「登録有形文化財をどのように未来へつなげていくか」という大きなテーマに対し、手探りで多くの方々と話し合い考えていきました。
曲屋単体ではなく、牧場全体、ひいては周辺地域との繋がりをどんなカタチでプロジェクトに反映していったらいいのか。
ハードからソフトまで、多くの方々と想いを共有していく過程がとても重要だったのだと、今改めて思います。


クライアントのみなさまはもちろん、施工関係者、そして様々なカタチでご参加いただいた多くの方々のご協力無しにはこのプロジェクトは完成しませんでした。
この場をお借りしてあらためて感謝申し上げます。


そして、この賞はそのおひとりおひとりに向けられたものだと思っています。
みなさま、グッドデザイン賞受賞おめでとうございます!

ーーー


完成から早1年半。


なかなかフルオープンとはいかない状況が続いても、焦ること無くゆっくりながらも確実に動き始めた「曲屋KANEKO」


100年前に建てられた「日本最古の木造厩舎」という価値に加えて、馬と人が共存する空間としてこれからも動き続けていくでしょう。


わたしたちもゆっくりお付合いしていければ幸いです。

気がつけば花月がたくさんの蕾をつけていました。


コロナ前の「当たり前の毎日」はどんなに「有難い日々」だったかを改めて感じながら、いつかはきっと花を咲かせるようなプロジェクトをご一緒できたことに感謝しつつ、これからも一歩ずつ進んでいきたいと思います。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします!

曲屋KANEKO 青森県上北郡七戸町 2020年

2021-10-13 | Blog

秋深し、紅葉の中を階上へ


桂や桜の葉も色付いて、秋桜がゆらゆら咲いています。
その一方で、とある庭先には朝顔がまだ夏の名残のようにきれいに咲いていたり、
今日は東京より気温が高いという、南北反転してしまったかのような天気の青森です。


ーーー


先日の震度5を観測した地震。
東日本大震災以来だという関東の地震の二日前、青森県階上町でも同規模の地震がありました。
最近また全国での地震発生が多くなっているような気がしていますが、大学の講義のタイミングに合わせて久しぶりに「階上の家」を訪れました。

コロナ禍ということもあり、「階上の家」に限らず訪問を控えていたこの2年。
少しずつですが、感染対策に気をつけながら動いていこうと考えています。
その最初となった「階上の家」。


先日の地震での被害は無く、クライアントご家族も皆さんご健在。
嬉しい再会となりました。

ーーー


階上の家は、八戸久慈自動車道の階上ICからすぐの場所にあります。


建設時は八戸から終点だった自動車道は、今年3月久慈まで開通していました。
ゆくゆくは三陸海岸を宮城までつなぐ1本道になるとのこと。

コロナ禍も動き続け、震災から10年の間も動き続けてきて今がある、と改めて思いました。


ーーー


完成から、早3年。
あの柿の実も色付いていて「楽しく、元気に暮らしていますよ!」の言葉に、背中を押された一日でした。

階上の家 2018年(青森県三戸郡階上町)

default
2021-10-02 | Blog

スタートの秋です

秋桜の深い色合いが本格的な秋の到来を告げている青森です。

日中はまだ日差しも強く気温も高い日が続いていますが、朝晩は気温が大分下がってきました。

コロナも「終息」とはまだまだいきませんが「with」の時期に入ったのは間違いないでしょう。

ーーー

そして感染防止を心掛けながら、いよいよ様々なことが動き出しました。

非常勤講師の本年度課題もスタートし、久しぶりに移動時間というものを実感しています。

現在取り組んでいるいくつかのプロジェクトも熱を帯びています!

そちらのご紹介は改めてにすることにして、今日はとてもワクワクするようなお知らせを。

ーーー

昨日公開となった立教大学社会デザイン研究所主催のデザインマスタークラス付き設計競技に福士譲がゲスト講師として参加いたします。

「ポストコロナの社会と暮らしに応えるデザイン」をテーマに、途中段階での指導を受けながら課題に取り組み、発表し講評を受けることができるという類を見ないスタイルの設計競技です。

コロナ渦にありなかなか思うように動けなかった鬱憤を晴らす滅多にない機会です!

学生・院生の皆さんは是非、参加されてはいかがでしょうか?

講師という立場ながら、未来の空間を一緒に想像できる機会にとてもワクワクしています。

詳しくはコチラをご覧ください↓↓↓

https://ibasyo-kouza.jp/

久々の仙台と奈良でお会いできるのを楽しみにしています!

2021-09-12 | Blog

一挙に秋へ

オリンピック、パラリンピックと怒濤の8月が過ぎ、
気がつけば桂の木が秋色になっていた青森です。
日中の日差しはまだまだ強いですが、朝晩はもう一枚はおらずにはいられない気温になりました。

相変わらずコロナの収束には遠い毎日ですが、それでも令和3年度は後半戦。
毎日健康でいられることへの感謝を忘れずに、ひとつひとつ大切に取組む毎日です。
ーーー
先日、夏休みを利用して学生がインターンシップにやってきました。
感染対策を皆で徹底し、アクリル越しの短めの体験となりましたが久々の明るい時間になりました。

さっそく住宅の模型の立ち上げを手伝ってもらいました。
敷地の模型や、スタディのためのボリューム模型。
家づくりをスタートさせたこのタイミングは、さまざま試行錯誤する大切な時間です。
敷地の周辺状況と春夏秋冬、そして完成後のクライアントご家族のこと、
いろいろ想像しながらさまざまなプランをつくっていきます。
一瞬でしたが、その過程を体験してもらえたのではないかと思います。

前代未聞の行動制限がかかる「学生時代」を生きている彼ら。
将来に向けていろいろ考え、動く時間がとても限られています。
でもそれだからこそ、自分のアンテナを研ぎすませて生きてる。
私達も、自分のアンテナを日々磨きつつ、前に進んでいきたいと改めて思いました。
そしていつか、会える日を楽しみに。
その時はきっとマスク無しで!

ーーー

茹だるような暑さが退いて、多くのプロジェクトが加速し始めた今日この頃。

冬までの後半、ひとつひとつ丁寧に進めていきたいと思う夕焼けです。

2021-07-23 | Blog

夏はきた!

あっという間に梅雨は過ぎ、連日30度を超える夏日が続いている青森です。

今年もねぶた祭へと向かう跳ね人の鈴の音が聞こえない夏になりました。

それでもアスリートにとっての頂、オリンピックの幕は今日上がります。

ーーー

青森もいつも以上に暑い海開きシーズンとなりました。

青森市の東に位置する浅虫(あさむし)も多くの人でにぎわうビーチのひとつです。

多くの関係者が感染対策の知恵を絞って今年の夏にチャレンジしています。

棟方志功の絵でも印象深い「海も 山も 温泉も」の青森。

この浅虫で発行されている「あさむしカベシンブン」に、以前改修のお手伝いをさせていただいた「古民家石木邸」について書かせていただきました。

石木邸の建築的魅力をひとりでも多くの方にお伝えできたら幸いです。

あさむしカベシンブンWEBのページでもご覧いただけます。(こちらをクリック)

コロナ渦であることもあり、フルオープンとはいきませんが「古民家石木邸」が浅虫の新たな居場所となるようにお付合いしていきたいと思います。

ーー

いつもと違う状況の中で、わたしたちのチャレンジも続いています。

多くの時間を得たことで、今までとは違う新たな見え方や考え方が生まれています。

建築はカタチになるまで、そしてカタチになってからも長く社会と関わっていきます。

 

    「過去」に学び

      「今」を知り

        「未来」を描く

 

わたしたちにできることを精一杯。。。

まずは、今日は我が家から。頑張れ日本!!!

石木邸 2019年(青森市)

 

2021-06-28 | Blog

夏に向かって

ゴールデンウィークの突入からあっという間の2ヶ月が過ぎました。

いろいろな意味でシコウアンドサクゴしていたものが、春に一挙に動き出す青森そのもののような2ヶ月でした。

未だにコロナの終わりが見えないまま、今年も夏を迎えようとしています。

ーーー

先日、操車場跡地に建設予定のアリーナの利活用を考えるワークショップが開催されたそうです。

設計に携わる隈さんと小学生から大学生までの16人が意見を交わした、というニュース。

ワークショップで体育施設に+αするアイデアが多く発表された、とのこと。

建設予定の青森操車場跡地そのものの利活用については、長年いろいろな議論が積み重ねられてきました。

私達もその都度、いろいろな形で参加し、考え、表現してきました。

今回の意見がどのように盛込まれ、そして完成後の未来がこども達にとってワクワクしたものになるのか、増々楽しみになりました。

ーーー

今回のワークショップが開催されたのは市役所のサードプレイス。

新庁舎が供用開始してから早1年と半年。

いろんなことが発芽することが期待されていたサードプレイス。

その直後にコロナ禍へ突入。

いろいろ断念して、いろいろ考えてきたこの期間を経て、こども達の未来へとこの場所から再始動です。

このような時だからこそ、みんなが集える場所、また集まりたいと思える場所を、つくっていくことが必要なんだと改めて思います。

コロナ以前とは変わってしまったこともあります。

でも変わらないもの、なくしてはいけないものもあります。

また新しい明日へ。

去年とは違う夏へ、きっと進んでいると信じて。

青森市役所新市庁舎 2017年(青森市)(2020年1月供用開始)

 

2021-04-27 | Blog

初心を忘れずに

ゴールデンウィークが目の前です。

いつもなら、北国の遅い桜と八甲田の雪の回廊、一斉に芽吹く若葉とBBQetc.etc.とワクワク感が止まらない季節ですが、昨年に引続きちょっと二の足を踏む青森です。

ーーー

先日、19年前に建てられたクライアントのお宅へ。

気がつけば20年近いという月日に、さぞかし古びたところも多いのではと思って伺いました。

でも予想を裏切って「いい感じ」の経年変化。

家族構成も、生活スタイルも変化したはずのクライアントご家族は、とても自然体で暮らしていらっしゃいました。

リビング吹抜は今や新たな家族の遊び場に。

家族の気配を感じるリビングは、当時の雰囲気そのままに。

ーーー

そういえば、設計時のイメージをご紹介し始めたのはこの時から。

これから立上がる新たな空間のイメージを共有する。

精巧なCGではありませんが、正確に描くこと以上に、空間の雰囲気を表現すること。

描いて、描いて、消しては描いて。

その繰り返しから見えてくる線は、ブレないもの。

いろんなものが入った線はやはり強いのかも。

私達の手元から巣立って、人間ならもう少しで二十歳。

「大きくなったね〜」なんて気もしたり。

わたしたちは今も相変わらず描いてます。

これからも、きっと。

アオモリノスマイ S邸 2002年(青森市)

2021-04-23 | Blog

アドバイザー、始まります。

一挙に桜も満開となり、春が駆け足で通り抜けてしまいそうな青森です。

この度、八戸港新フェリーターミナルの建設にあたり、建設アドバイザーとして福士美奈子が就任しました。

昨年度、プロポーザルの審査員として関わらせていただき、今年度いよいよ設計、そして工事へと進んでいきます。

ターミナルとしてだけではなく、新たな市民の居場所となることを目指す新フェリー埠頭ターミナルです!

ーーー

国交省でも「東北港湾ビジョン」の3つの目標のひとつに「港湾空間の有効活用による賑わい創出や豊かな環境の形成」をうたっています。

より機能的に、長期スパンを見据えた的確な仕様、近年の異常気象や大震災の教訓を活かした防災機能等、建物には多くのことが求めらます。かつ、これからの公共の施設として求められる新しい機能が「居場所」としての役割だと考えています。

私達が関わってきた庁舎や商工会議所、大学の展示スペースでも、ここ数年で「居場所」をつくることが求められるようになりました。

それは大規模の公共施設に限らず、「プラスえん」(2017年 青森市)のように小規模なものでもそのニーズが高いことを実感しています。

単なる必要機能を満たすだけではなく、いろんなカタチのコミュニティがいろんな場所で求められているのだと思います。

スクラップアンドビルド(つくっては壊し、壊してはつくる)では立ち行かなくなったこれからの時代だからこそ、大切なことを共有しながらカタチにいていくことのお手伝いができれば思います。

よろしくお願いいたします!

ーーー

いろんな人が集まってカタチになった「プラスえん」のロゴデザイン。

いろんな課題を整理して、いろんな皆の想いをカタチにする。

こんな設計デザインをこれからも続けていきます。

プラスえん(2017年 青森市)

 

2021-04-03 | Blog

新年度が始まりました!

道端のクロッカスも咲き出して、いっせいに芽吹き始めた青森です。

いつもと違うのは、目に見えないものに私たちの行動が制限されているこの状況。

それも全世界で。。。地球上で。。。

昨年度も先の見えない状況で1年を過ごしてきました。

みんなが気をつけて、遠く離れた人を想いながら。。。

いろんなことに気をつけながら、この春にまたひとつ私たちの手を離れて巣立っていきます。

ーーー

近年全国的に古民家の良さを見直される動きが多くメディアにも取上げられることが多くなりました。某局の「ふるカフェ系 ハルさんの休日」にも古民家が多く登場します。某局の「ポツンと一軒家」もある意味その流れとも言えるかもしれません。

ドライブしながらでも、古民家に目が引かれるようになりました。

まだまだ日本にはたくさんの古きよき物が存在していることを実感せずにはいられません。

そして昨年度も、古民家の再生のお手伝いをする機会に恵まれました。

古民家の興味深いところは、それぞれに刻まれてきた歴史があること。

住宅の設計をするときには、クライアントを知ることからスタートしますが、古民家の場合はまさにその建物の歴史を知ることから始まります。

建ってどのくらいなのか、どのように使われてきた建物なのか、そしてこれからどのように使われようとしているのか。。。

それらを知って初めて、どんなデザインが必要なのか、見えてくるものだからです。

ずうっと眠っていた古民家ならば尚更、単なる再生では時代錯誤のまま、飾り物になってしまいます。

博物館に展示するように、そのまま保存するケースも確かにあります。

でも、現代の社会で本来の「建物としての役割」を担ってもらうのであれば、リデザインしなければ息を吹き返すことができません。

この場所(地域)にはどんな居場所が必要なんだろう?

その答えを探すために、その地域に何度も足を運びます。

その地域の独特の空気感や時間の流れ、そこに暮らす人たち。。。

それを感じ取ってデザインしていきます。

それまで当たり前だったものが、新たなデザインにより浮き上がってきたり。。。

今まで見えていなかったものが、はっきりと見えるようになって驚いたり。。。

一度も入ったことのなかったのに、これからはちょこっと寄っていきたくなる。。。

古民家再生のデザインは、暗がりの中にごちゃまぜで詰め込んであったものを、きれいに整理して並べ替えるような作業をして、こんなにすごいものがあったんだって改めて気がつくような器に仕上げるようなことかもしれません。

いいえ、それは古民家に限らず、このようなプロジェクトとニーズは至る所で多くなっているのを痛感します。

これまでの宝物たちが少しくすんでしまっている状態から、どこをどんな風に磨いたら再び輝きだすのか、それを考えるのはとてもワクワクします。

そのためには一緒に磨く人が必要で、そのためには時間も必要で、決して楽な作業ではないかもしれない。

でもそんな奇跡のようなタイミングも、じっと見続けていれば気がつけるのかもしれない。

そう思いながら新しい春を迎えます。

公開まで、もう少しお待ち下さい!

 

1 2 3 4 5 9